埼玉県草加市のインターネット放送局『草加元気放送局』オフィシャルブログ

草加元気放送局 OFFICIAL BLOG

草加市の話題

草加の高校を甲子園に送る会 講演会にて第51回甲子園優勝投手 井上明さんが登壇!

更新日:

じつは、うん十年前に甲子園を目指していたことがある草加元気放送局の塚本ですカッキーン!

今回は、2013年11月に設立されて依頼、ずっと気になっていた「草加から甲子園に送る会」の取材で草加商工会議所に行ってきました!

その定期総会の講演会では、球史に残る三沢高との2日間に渡る熱戦を演じた松山商(愛媛)の甲子園優勝投手、井上明さんが登壇!

市、県の議員はもちろん、市内の中学、高校の先生、少年野球やボーイズリーグ関係者、野球指導者、現役高校球児や父兄が、その貴重な体験や秘話を聴くべく一同勢揃いしました。

普通に考えれば、草加にある高校(草加、草加東、草加南、草加西)が、埼玉の高校野球で競合の私学高に勝つのは奇跡な話ではあるけど、そのミラクルが起きる可能性が決して0%ではないのが高校野球!

夢も努力も諦めたその時にすべてが終わります。

センバツ、21世紀枠、夏と、甲子園に出られるチャンスは年に3回!

この『草加の高校を甲子園に送る会』がある限り、一緒に夢を追い続けたいと思います( ー`дー´)キリッ

 

草加の高校を甲子園に送る会とは

草加商工会議所で16日、スポーツ少年団などの体育関係者や市会議員など市民の有志約50人が参加し、草加市内にある4校の県立高校が高校野球で甲子園大会に出場できるよう応援していく「草加から甲子園に送る会」の設立総会と記念講演会が開催された

高校野球で市内の草加・草加南・草加西・草加東高校はこれまで一度も甲子園に出場したことがない。市内では様々なスポーツが行われているが、まずは甲子園を目指すことで青少年に夢を与え、地域も一体化し、さらに地域経済も活性化するというのが「送る会」の設立の趣旨。
設立総会では、会則や役員、事業計画、予算などの議案を審議し承認された。また、会の初代会長として、草加商工会議所会頭の野崎友義さんが承認された。野崎会長は「学問においてもスポーツにおいても青少年のレベルアップが必要な時代である。文武両道といわれるように、スポーツの充実を図ることで学力も伸びていく。是非草加から甲子園に送ろう」と力強くあいさつした。
記念講演は、甲子園に出場し、その後社会人野球で選手、コーチ、監督として都市対抗野球大会に20回出場(優勝2回)などの経歴を持ち、現在は財団法人日本野球連盟評議員などを務める中村國勝さんが「私と野球」と題し行った。中村さんは「高校野球が強くなるためには中学校が、中学校が強くなるためには少年野球が強くならねばならない」と市内全体の底上げの重要性を述べた。また、中村さんは現在、草加市教育委員会の嘱託となっており「高校4校の公式戦は見ている。市内の中学校11校とともに指導をしていきたい」と話した。
なお、「送る会」では、趣旨に賛同する企業・団体(1口1万円)、個人(1口5000円)の加入を呼びかけている。
<問い合わせ>送る会事務局(草加商工会議所内)TEL928・8111。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 草加情報へ
にほんブログ村


草加市 ブログランキングへ

-草加市の話題
-, , , , , , , , ,

Copyright© 草加元気放送局 OFFICIAL BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.