「局長コラム」カテゴリーアーカイブ

獨協大学前駅(副駅名 草加松原)への駅名改称間近!?草加市の進化とともに松原団地駅も変わる!

草加市には、東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)の谷塚、草加、松原団地、新田の4駅が存在する。

そして、その中の『松原団地駅』(獨協大学の最寄り駅)が、ついに『獨協大学前駅』への改名が秒読みとの噂?だ!

過去に一度は却下されたとの情報もあったが、東洋最大規模と言われたマンモス団地『草加松原団地』の建て替えや活動などにより、それが現実となる日も近そうである。

2006年3月「獨協大学前」駅への改名
http://blog.goo.ne.jp/ken-seto/e/697e3aa513d851a280372d9a36326297

2011年3月 草加市内の4駅の駅名改称しよう・検証懇話会の提言
http://www.tobuyomiuri.co.jp/area/souka/110314ekimei.2.html

獨協大学前駅への駅名改称に関する記事は、随時追記していきたいと思うが、早ければ2016年春(3月末)の東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)ダイヤ改正のタイミングで『松原団地駅』が『獨協大学前駅』になる可能性もあるんじゃないだろうか。

ただ、このタイミングで正式に改名発表がされたとなればトラブルが起きるのは間違いない。

松原団地駅をベースとしている企業や施設などは、サイト情報やパンフレット等の変更や修正が余儀なくされることになる。

デジタル情報ならまだしも、紙(パンフレットや封筒など)を大量に抱えている企業は、その損失と対応に結構な負担と打撃を受けるはず。

そういうことを踏まえると、正式な発表から改名までは、最低でも半年くらいは必要とも言える。

そうなると、改名はまだまだ先なのか?

そのあたりのタイミング、草加市はもちろん考慮していると思うのだが……

 

『松原団地駅』は、国指定名勝『おくのほそ道の風景地 草加松原』の最寄り駅。

改名により、草加のイメージ、草加松原への導線、駅周辺の経済効果など、さまざまなプラス効果が生み出されるのは当然であるが、そのタイミングがいつになるのか注目したいところである。

東武スカイツリーライン 松原団地駅の駅名が「獨協大学前<草加松原>」に改称されます!
http://www.city.soka.saitama.jp/cont/s1201/a01/PAGE000000000000047593.html

さよなら「松原団地」駅 団地と歩んだ半世紀、来春改名
http://www.asahi.com/articles/ASJ6Q4TZHJ6QUTNB00L.html

改名した暁には、駅の発車メロディを、我らがMC宮川悦子が作曲した『草加松原』にぜひ!と勝手に願っている(^^)

獨協大学前駅 発車メロディ




※追記:駅名改称日が決定!
Card

草加市文化会館で初のボクシング開催!世界タイトルマッチ前哨戦『SOKA2016草加松原 熱闘女子BOXING』

 

面白い興行イベントの情報が入ってきた!

世界タイトルマッチ前哨戦『SOKA2016草加松原 熱闘女子BOXING』

これは、草加市文化会館ホールでは初の格闘技イベント開催である!

しかも女子ボクシングだ!

ステージにリングを設営し、ステージ上にVIP席!

じつに新しい!

そしてイベント集客に拍車をかけるであろうスペシャルゲスト&イベントには、ガッツ石松サイン会、さらに世界WBAスーパーフェザー級チャンピオン、連続11防衛世界スーパーチャンピオン(昨年の草加松原太鼓橋ロードレース大会にゲストランナーとして参加)の内山高志の公開スパーリングと写真集販売と、これも注目である!

もちろん、地元、草加有沢ジムの選手も出場予定だ!

草加元気放送局が取材に入れるかどうかは分からないが、こういった今までにありえなかった新しい草加市文化会館ホールの使い方に興味津々である。

草加市をPRするイベントとしては、まさに変化球でオッケー牧場ではないだろうか!

SOKA2016草加松原 熱闘女子BOXING

SOKA2016草加松原 熱闘女子BOXING

 

草加市文化会館の・ようなもの のようなもの!

 

松山ケンイチ、北川景子主演で、2016年1月16日(土)公開『の・ようなもの のようなもの』の予告ムービーを見られた方はいますでしょうか?

草加市文化会館をよく利用されてる方なら「あっ!あそこだ!」と分かるカットはコチラ↓

草加市文化会館ホール入口 の・ようなもの のようなもの

草加市文化会館ホール入口横 の・ようなもの のようなもの

草加市文化会館ホール楽屋 の・ようなもの のようなもの

草加市文化会館ホールロビー の・ようなもの のようなもの

予告動画でありながら、草加市文化会館で撮影された映像がかなり登場しています!

本編でどのくらい使われてるのか? 公開が楽しみですね!

あっ、この関連で草加のフィルムコミッションについて検索してたら、平成23年2月の議会で、フィルムコミッション導入についての答弁記録が以下の内容で残ってました。

◎鈴木 自治文化部長  シティプロモーション推進について、自治文化部にかかわります事柄につきましてお答え申し上げます。

初めに、フィルムコミッションの導入についてでございます。

昨日もパトロールステーションでテレビドラマの撮影が行われておりました。

また、本日はテレビ埼玉におきまして、草加市の紹介を生中継で行うということでございます。

このようなテレビドラマや映画の撮影場所を紹介し、撮影が円滑に進むように支援してまいるのがフィルムコミッションでございます。

映画の撮影などを誘致することで、地域の活性化、文化振興、観光振興を図ることができるものと考えております。

県内における導入状況でございますが、近隣では越谷市、川口市など現在16の市町が導入しております。

また、商工会議所もしくは商工会が実施しているところが鷲宮町商工会など3団体、NPO、市民団体が実施しているところが深谷市など2団体、さらに埼玉県も行っておりますので、合計で22団体となっております。

次に、フィルムコミッションに対する草加市の取り組み、また観光基本計画におけるフィルムコミッションの位置づけについてでございますが、これまでの草加市の取り組みにつきましては、テレビドラマなどの制作会社より撮影場所の問い合わせが年に5~6件ございました。

これらの問い合わせがあった場合、その都度適地があれば御紹介をさせていただき、また相手先から希望があった場合、公共施設などの施設管理担当者と直接打ち合わせをしていただくなど、対応させていただいているところでございます。

次に、観光基本計画での位置づけでございますが、観光基本計画では、観光を推進するために五つの基本的な方針を定めております。

その一つとして、草加市へ多くの方に来ていただくためには、草加市に興味を持っていただき、草加市を知っていただく必要があることから「キラリと光る宣伝力で効果的に情報発信」という基本方針を定めております。

この基本方針に対する具体的なアクションプランの一つとして、フィルムコミッションの設定が位置づけられておるところでございます。

今後、映画などの撮影場所となることで、まちのPRとにぎわいの創出ができ、さらに新たな観光資源となるフィルムコミッションを早期に設立してまいりたいと考えているところでございます。

以上でございます。

その後どうなってるのかも気になりますねー!

ライブ動画配信サービス『Ustream』が日本から撤退。外部サービスを利用している限り不安は続くのである

ライブ動画配信サービス『Ustream』が、2016年1月にひっそりと日本から撤退するというニュースが入ってきた。

時代の寵児Ustream、ひっそり撤退…なぜ視聴者&配信側に見捨てられた?甘さがアダ – ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る

ちょうど3年前くらいに立ち上げた草加元気放送局も、この動画配信サービスがあったからこそスタートしたわけではあるが、今年始め頃から、配信仲間のうちでも、ユーザー(配信側)の気持ちを度外視したサービス展開(低下)をし続けるUstreamに対して不満と不安の声が上がり始めていた。

それもあり、草加元気放送局も今年初めから、配信サービスをUstreamから『YouTube Live』とシフトしていたのが現実である。

インターネットサービスの流れは本当に早く、流行っているからといって、ずっと安心して使い続けられるかと言えばNOであることが浮き彫りになった形だ。

これは動画配信サービスに限らず、FacebookやLINEと言ったSNS等も、数年後にどうなってるかはまったく分からない。

もちろん、今、使っている『YouTube Live』しかり。

今まで無料で使っている(いや使わせてもらっていると思っていたほうがいい)サービスが、突然有料になったり、倒産したりすることも絶対ないとは言えないわけである。

個人レベルで使用している人にとっては、さほど気にすることでもないかもしれないが、私たちのような立場であれば、リスクを常に念頭に置きつつ、先見性を持っていろんな情報を収集してリスクヘッジをしておかなければならない。

草加元気放送局が過去に配信、取材してきた動画は、もちろんHDにバックアップを取ってきてはいるものの、使い慣れたサービスからシフトするのは、正直容易なことではない。

かと言って、私たちレベルがどうのこうの言っても動かせる規模でもない。

だから、新しいことにチャレンジしていくのみなではあるのだが…

ちなみに次回配信は12月15日(火)19:00〜。ゲストには草加市出身のデュオ『ケセランパサラン』が登場です(^^)

360°全天球カメラを使用して、和舟から草加松原を撮影してみた!

先日のふささら祭りの取材の最後に、和舟に乗船させていただくことができたので、360°撮影ができる全天球カメラを使って、試験的に動画撮影をしてきました。

ぜひ、画面をグリグリと動かしてみてください。

PCからならマウスで、スマホなら指で!

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

どうですか?

通常の動画に比べ、本当にいろんな情報が盛り込まれてますよね!

これから、いろんな取材で活用していきたいなと勝手に思っている次第です(^^)

噴水と親水(修景)施設が楽しめる公園 綾瀬川左岸広場

 

先日の日曜日、あまりにも天気が良かったので、取材を終えたあとに綾瀬川左岸広場内に新しくできた、噴水と親水(修景)施設へ足を運び、壁泉で楽しむ様子を高台から撮影してきました。

はて、この高台の建物の名称って何て言うんだろう???

 

これからの季節、こういった子どもたちが水遊びできそうな公園や施設を探す父兄の方が増えるであろうと予想し、草加市のホームページ等を調べてみると、なんと草加市の管理する公園として水遊びができる公園はないと表記されていました。

Q 水遊びができる公園を教えてください。

A 草加市の管理する公園で水遊びができる公園はありません。

親水(修景)施設として、

  • そうか公園内の滝流れ
  • 草加松原公園(松原遊歩道)のせせらぎゾーン
  • 一の橋・伝右川沿い(新栄町地内)のせせらぎゾーン
  • 綾瀬川左岸広場の流れ及び壁泉

があります。

これらは、あくまで修景のための施設です。飲用はせず、水に触れた後はしっかり手洗いをしてください。
また、定期的に清掃をしていますが、大変滑りやすいため十分注意して利用してください。

なお、公共施設の省エネ・節電対策に伴い、現在稼働を停止しております。

《参照URL》

http://www.city.soka.saitama.jp/cont/s1805/a01/faq/PAGE000000000000024475.html

 

なるほど、なるほど!

私としても、夏に向けて“草加で水遊びができる公園や施設”をテーマにして動画撮影をしていこうと思っていたのですが、危うく間違ったニュアンスでの情報を提供してしまうところでした。

メディアとして気をつけなきゃですね(^_^;)

ということでして、

『噴水と親水(修景)施設が楽しめる公園 綾瀬川左岸広場』というタイトルでの動画をどうぞ↓ YouTube

YouTube Preview Image